« 第3回 ゲーマーズエンジェルコンテスト | トップページ | 中野純子先生 ご逝去 »

2012年8月29日 (水)

鳥人間コンテスト2012

いやー、今年の鳥人間コンテストも面白かったですねー。
私はこの大会の部活感というか青春感というか、熱いそんな雰囲気が好きなんですよ。
そして、人間の力で空を進むというのが単純にすごいと思っています。

滑空機部門では前人未到の500m超えが出ましたし、タイムトライアル部門でも大会新記録という記念すべき大会になりました。
技術は年々進歩してるんだな、というのを感じます。

ディスタンス部門では琵琶湖を往復するような記録は出ませんでしたが、選手達の頑張りが伝わってきてよかったです。

毎回二人乗りの機体で挑戦してくるチームもロマンがあっていいチームですね。

女子競輪の選手がディスタンス部門で選手に起用されていましたが、競輪選手はどちらかというと短距離走で瞬発力のある体なので、タイムトライアル部門の方が向いてるんじゃないかと思いました。
ディスタンス部門なら持久力のあるロードレースの選手に出てもらいたいな。

吉本チームの特集が長いのはうんざりでしたね。
他のチームは真剣にやってるのにこのチームは・・・って感じで興ざめでした。
一生懸命な寛平さんがかわいそうですよ。
でも、読売テレビ制作だから吉本の呪縛からは逃げられないんでしょうね・・・。

まあ、年に1度の楽しみなので、また来年も楽しいコンテストになることを祈ってます。

|

« 第3回 ゲーマーズエンジェルコンテスト | トップページ | 中野純子先生 ご逝去 »