« 岡本吉起さん復活 | トップページ | 一番くじ 映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム) »

2013年3月23日 (土)

「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」観てきました

現在公開中の「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」を観てきましたよ。
映画館で映画観るのは「テルマエ・ロマエ」以来ですね。

平日の昼間でしたが、春休み中の子どもも多く、けっこう賑わっていました。

それでは感想をいろいろ。

---------------------------

・これぞドラえもん映画という王道
変にひねってなくて、子どもから大人まで楽しめるエンターテイメントな映画になっています。
私もドラえもん映画観るの久しぶりでしたが、変わってなくてよかった。

・ひみつ道具がたくさん
タイトルにも「ひみつ道具博物館(ミュージアム)」と入っているくらいなので、たくさんのひみつ道具が出てきてワクワクします。
有名なのからマニアックなのまで登場して、お祭り感満載ですね。
「暗くなる電球」とかまで出てきて、そんなの知ってる子どもいるのかって思いましたよ( ^ω^)

・ゲスト声優さんもいい芝居
最近、若手の役者を声優に起用して、棒読みのひどい演技で作品を台無しにしてることがよくありますよね。
しかし、この映画はゲストキャラにもちゃんと演技の上手な声優さんを使っているので、違和感なく物語に集中できます。
松平健さんが声優として参加していますが、こちらは一流の役者さんだけあって声の演技もすごく上手でした。エンドロール見るまで気付かないくらい自然でしたよ。

・ED曲の『未来のミュージアム』が映画の雰囲気に合っている
ED曲のPerfume『未来のミュージアム』がとてもこの世界観に合っていて、いいEDになっています。
Perfumeのテクノポップな曲は、藤子・F・不二雄先生のSF(すこしふしぎ)世界との相性バッチリだと感じました。

・ロボット戦に違和感
これが唯一の残念な点ですね。嫁も同じことを感じたみたいです。
巨大ロボットとの戦闘が物語上必要がなく、動きのあるシーンを入れたいから入れたという、取って付けたような場面になってしまっています。
いかにもここ近年のバトル演出という感じで、この映画の中でここだけが完全に浮いています。
そういうのはドラえもんじゃなく、最近のアニメに任せておけばいいのになー。

・八頭身モナー
この映画を観て八頭身モナーを思い出した人は多いはず。

---------------------------

こんな感じですかね。
巨大ロボット戦は唐突な感じがしましたが、全体的に非常に満足度が高い映画でした。
周りに座っていた子どももとても楽しんでましたね。

最近何本かDVDとかで映画を観てもあまり面白いのに巡り合えなかったんですが、この映画で久々にエンターテイメントを堪能できた、という感じです。

大人から子どもまで安心してオススメできる映画ですよ( ^ω^)

|

« 岡本吉起さん復活 | トップページ | 一番くじ 映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム) »