« 忍ニンクラッシュゲーム | トップページ | 2021年の東京ゲームショウもオンライン開催に »

2021年3月29日 (月)

映画を早送りで観る人たち

気になる記事がありました。

「映画を早送りで観る人たち」の出現が示す、恐ろしい未来

Sharp_tv_recorder

完全にワイやん!
まあ、スピードを速くするだけで、スキップはしませんが。

観たい作品が多すぎて、等倍で見てたらいつまで経っても減らないんですよ。

等倍で見るのは本当に好きな作品だけ(孤独のグルメとか)で、基本は1.2倍、ちょっと微妙な作品は1.4倍、惰性で見てる作品は1.6倍ってのが私の基準です。
アニメはドラマに比べてゆっくり喋ってるので、1.2~1.4倍くらいが日常会話のテンポに近くてちょうどいいというのもありますね。

そういえば10年ほど前から感じていましたが、動画サイトで30分以上の動画を見るのが苦手になってきています。

10分未満・・・興味がないジャンルでも気軽に見られる。
10~19分・・・好きなジャンルなら見る。
20~29分・・・ポケモン対戦などの本当に好きな動画なら。
30分以上・・・ほぼ見ない。

って感じですよ。
サムネの動画再生時間がフィルターになっちゃってますね。

なので、映画作品などはかなり気合を入れないと見られない体になってます。

そもそも昔からなんですが、映画館で2時間とか同じ姿勢で見続けるのが苦手なのです。
好きなときにトイレに行ったり休憩もできないし、セリフを聞き逃してももう一回見られないし、周りに人がいるし。
私が映画館にほぼ行かないのはそういうデメリットが多いからですね。

でも、等倍で見る人が減るのは時代の流れなんだと思います。
同じ作品を何回も見ることもなかなかないし、娯楽の供給が多すぎる時代の弊害ですかね。

 

 

にほんブログ村 ゲームブログへ

|

« 忍ニンクラッシュゲーム | トップページ | 2021年の東京ゲームショウもオンライン開催に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 忍ニンクラッシュゲーム | トップページ | 2021年の東京ゲームショウもオンライン開催に »