« Yamakatsu(山口活性学園)が4月で解散 | トップページ | マックフルーリー小枝 »

2023年2月20日 (月)

松本零士さん死去 私の『銀河鉄道999』の思い出

松本零士さん、逝く 「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」巨匠、星の海へ 急性心不全、85歳

漫画家の松本零士さんが亡くなりました。
享年85。

つい最近の配信で銀河鉄道999のOP曲の話をしたのは虫の知らせだったのでしょうか。

松本零士さんと言えば『銀河鉄道999』が有名ですが、個人的には『男おいどん』も印象深い作品です。
現代の漫画とは違うとらえどころのなさがあるというか、とても不思議な漫画でした。

「タテだかヨコだかわからないビフテキ」という表現は私今も使っています。
サルマタに生えるサルマタケもよく覚えてますね。

『銀河鉄道999』と出会ったのは小学生の時通っていた歯医者さんの待合室でしたね。
待ち時間が長いのでいつもそれを読んでいました。

小さい頃なので深い部分まで理解できていませんでしたが、それでも鉄郎とメーテルが色々な星を旅するのは面白かったです。
2014年に最初から最後まで通して読みましたが、いい読後感でしたね。
子供の頃は気付きませんでしたが、メカの書き込みが尋常じゃないことに驚きました。

あと、ささきいさおさんの『銀河鉄道999』を中学生の時の合唱コンクールで歌って、とてもいい歌だなと思い、今でも大好きな曲です。

 

1番もいい歌詞ですが、特に2番の「さすらい人のすんだ瞳に命が燃えているよ 心の歌をくちずさむよに歩き続けるだろう」という部分が大好きです。

鉄郎の心理・切なさ・日本語の妙などを感じる素晴らしい歌詞だと思ってます。

そして、それらすべての源流である松本零士さんのご冥福をお祈りします。

P.S.
そういえば、昔バイトしていた港区の「きゃらFull」というところで『銀河鉄道999』の3Dアニメをやっていて、その上映スタッフもやっていました。
最初は鬼太郎をやっていて次に銀河鉄道999に変わったんだったかな(鉄郎も鬼太郎も声優は野沢雅子さんですね)。

調べてみたら「銀河鉄道999~ガラスのクレア~」という作品でした。

3D立体映画「銀河鉄道999~ガラスのクレア~」

お客さんに3Dメガネを渡し、15分ほどの映画を一日何回も流すのです(土日だと数十回)。
なので、EDに流れるゴダイゴの「銀河鉄道999(The Galaxy Express 999)」は数百回から数千回聞いてますね。

使ったメガネは指紋などが付いてないよう全部綺麗に拭くのですが、土日のお客さんが多い時だと3Dメガネを拭くのが間に合わないこともありましたねぇ。

思い返すと想像以上に『銀河鉄道999』に関わっていて驚きました。

にほんブログ村 ゲームブログへ

|

« Yamakatsu(山口活性学園)が4月で解散 | トップページ | マックフルーリー小枝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Yamakatsu(山口活性学園)が4月で解散 | トップページ | マックフルーリー小枝 »