2021年8月 7日 (土)

グラフィックボード「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6 ZT-T16520F-10L」

新しいグラフィックボードを購入しましたよ。


20210807-053525


「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6 ZT-T16520F-10L」というやつです(長い!)。


価格は29,800円でした。


20210807-081605


最近作成したでこいちゃん3Dモデルを使ってこないだテスト的にゲーム配信をしたら、重くて話にならなかったので購入した次第です。


まあ、今まで使ってたグラボは先代のPCの延命措置として買ったやつなので、性能は全然高くないのです。
今調べてみたら3485円でした。
その時は3D関係のことをするとは想定してなかったですからね。


正直なところ、どのグラボがいいとかよくわからないので、予算内で一番評判の良さそうなのを選んだだけです。


新しいグラボの性能を試すために『ストV』のベンチマークテストをやってみました。


旧グラボ「玄人志向 NVIDIA GeForce GT 710 1GB GF-GT710-E1GB/HS」
20210807-081159


うん、これはひどい。
FPS7.01って(;^ω^)


全然進まないのでベンチマークテストが終わるまでに20分ほどかかりました。


では、新グラボの性能を見てみましょうか。


新グラボ「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6 ZT-T16520F-10L」
20210807-085714


おお、ストVもちゃんと遊べるぞ!


これででこいちゃん3Dモデルを動かしながらゲーム配信できますね( ^ω^)


 


 



にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

3teneの「フェイストラッキングの初期化に失敗しました」

昨日の記事で3teneというフェイストラッキングができるソフトを導入しました。


次にWEBカメラで実際にやってみたのですが、なぜかうまくいきません。
フェイストラッキングを開始すると「フェイストラッキングの初期化に失敗しました」と出ます。
WEBカメラ自体は選べるのでソフトに認識はされています。


うーん、WEBカメラが古くて顔認識に対応してないとか?


20210803-060800


ニンテンドーDS配信のために購入したロジクールの「Qcam PRO 9000」というカメラなんですが当時9800円くらいでしたねえ。
当時はHD画質のWEBカメラはまだまだ高かったけど、奮発して買いました。
ピアキャスでこのカメラ使ってる配信者さん結構いましたね。


しかし、流石に10数年前のWEBカメラだし買い替え時でしょうか。
今ならもっと低価格で高画質なの買えるし。


と、考えながらも色々調べてみると公式サイトのアップデート情報がヒット。
設定から「フェイストラッキングの初期化パス」というのを変更すればいいかも。

・・・おお!できた!
ちゃんと顔認識して自分に合わせて動いてくれます!
ちょっと感動。


そして「Qcam PRO 9000」はまだ現役続行ですね。
無駄な出費にならなくてよかった。


 


 



にほんブログ村 ゲームブログへ


| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

FaceRigと3tene

最近行っているバ美肉計画ですが、今日はWEBカメラを使ったフェイストラッキングができるソフトを試してみました。

まず一番利用者が多いと思われるSteamの「FaceRig」で挑戦。

Acd2409

重いとは聞いていましたが、確かに重い。
起動してもしばらくすると応答なしになってしまいます。

グラボは購入するとして、とりあえずこないだVroidで作った3Dでこいちゃんのインポートだけでもしましょう。

むう・・・。
vrmのデータはインポートできましたが、ジオメトリのインポートがうまくいきません。
調べるとBlenderというソフトで色々と修正しないといけないらしい。

・・・詰んだ。

FaceRigに払った1480円も無駄になってしまうのか(;^ω^)

とりあえずBrenderをDLしている間に他のフェイストラッキングソフトを調べていると「3tene(ミテネ)」というよさげなのを発見。
ダメ元でやってみましょう。

3tene 公式サイト

おお、すぐ起動するしインポートもかんたんにできた!
しかも、顔と上半身の揺れまでなら無料で使える!

FaceRigに比べてもかなり軽いようで、ちゃんと動作してくれます。

Photo_20210803050901

最初からこれでよかったんですよ。

20210803034439

 

20210803034453

3teneは日本の会社が作ってるから設定もわかりやすいし使いやすいです。
こんな素晴らしいソフトを無料(手や指、全身を動かすのは有料)で提供してくれている会社には感謝しかないです。

 

 

にほんブログ村 ゲームブログへ

 

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

きざくら連絡帳 Youtube版を起ち上げました。

さて、昨日の記事で報告したサプライズですが・・・ピアキャス配信13周年記念として、きざくら連絡帳Youtube版を起ち上げました!

きざくら連絡帳 Youtube版

自転車chがすでにあるのでそちらでまとめることも考えたのですが、視聴者層が全然違うだろうということで分けることにしました。

ゲーム動画や踊ってみたなど好きにやっていきます。
まあ、ピアキャス配信の延長線上ですね。

あ、毎日更新ではないですよ。
さすがに大変過ぎるからね。

そして、1本目の動画がこちら↓

なぜか踊ってみたになりました。

なぜ今やらないかなんだという感じですが、頑張って作ったのでぜひ見てください。
チャンネル登録&高評価もしてもらえると励みになります。

ではでは、14年目もよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 ゲームブログへ

 

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

やらないか(バラライカ)の考察

ネットではとても有名なこの動画。

バラライカの替え歌をいさじさんという方が歌って、その歌に阿部高和の3Dモデルのダンスを付けた動画です(以下、「やらないかPV」)。

このやらないかPVが公開されたとき、非常に盛り上がって私も楽しませてもらいましたが、同時にいくつかの疑問がありました。

①このダンスは一体誰が振り付けしたのか?
②なめらかな動きは確実にモーションキャプチャーを使ったものだが、2007年当時は一般人が気軽にモーションキャプチャーできる時代ではないのでどのように作ったのか?

上記のことがずっと気になっていたのですが、最近調べていたら色々とわかってきたので、私の考察・憶測と共にここに書き記したいと思います。

────────────────

まず昔に「idance」という韓国のダンスサイトがあり(現在は消滅?)、そのサイトではプロダンサー(おそらく)がモーションキャプチャーしたダンスが見られました。
それを見て参考にして、ダンスの練習をするという感じでしょうね。

そして、そこのモーションキャプチャーのデータを「D-Player」というソフトで抜き出すことができ、スロー再生やズームアップして勉強することができました。
そしてこの「D-Player」はダンサーの見た目も変更できるのです。

上記のやらないかダンス動画をアップロードした人(以下、「うp主」)は、こういった経緯でダンスのデータを入手し、阿部高和の3Dモデルを作って、ダンスをさせたわけですね。
下記動画の投コメによると、うp主は本当は青いツナギで服を作りたかったが、データが古くて弄れなかったようです。

というわけで、①の疑問はさすがにダンサー個人まで特定するのは難しいですが、②の疑問は解決しました。

ちなみにやらないかPVの元ネタはこの曲のようです。

ソ・ジョンヒ(Seo Jeong-Hee)という方のRalaRalaという曲です(この動画を初めて見たとき「やらないかじゃんw」って笑ってしまいました)。
この曲がバラライカにBPM(1分間に四分音符が何回あるか)が近いことも採用理由のひとつだと思われます。

ここでやらないかPVについてもうひとつわかったことがありました。
曲の途中に挟まれる一枚絵のカットです。

バラライカとRalaRalaはBPMが完全に一致しているわけではないので、長く合わせていると徐々にズレが大きくなっていきます。

わかりやすいところだと1番Aメロ終盤の「助けてダーリン クラクラリン」など、曲に対してダンスがかなり早取りになっていますね。
イントロの部分は曲に対してダンスが遅れていて、Aメロ序盤~中盤はピッタリ、Aメロ終盤にズレが目立ってくるということから、RalaRalaのダンスの方がバラライカよりもBPMが高い(テンポが速い)ことがわかります。

そのズレをリセットするために「やらないか」の合いの手と共に一枚絵をカットインしてるのでしょう。

あのジャンプから始まる特徴的な動きをサビに持ってくるためのカットとしての意味もあると思いますが。

最初よくわからない演出だな、と思いましたがこういった理由があったのですね。

────────────────

以上が、私が考えるやらないかPVの考察でした。
何かの参考になれば幸いです。

もし間違っている点や新たな情報があればコメントで教えて下さい。

P.S.
この記事書き始めて2時間くらい経ってるじゃん・・・。

 

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0)

2021年1月31日 (日)

罪悪感ゼロでお買い物

最近ちょいちょいAliExpressで買い物をするのですが、こんなメールが来ていました。


Photo_20210201055201


「罪悪感ゼロでお買い物」ってなんだ!?


別に買い物するとき罪悪感なんてないのですが(;^ω^)


AliExpressはいつになったらまともな日本語訳ができるスタッフ入れるのかな(ずっと自動翻訳でしょうけど)。


 

すべての罪悪感は無用です (扶桑社BOOKS)

 



にほんブログ村 ゲームブログへ


 

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

肘置き

マウスを使う側の肩がよく疲れるので、ついにこんなものを買いました。


20201130-194302


サンワダイレクトから出ているPC作業用の肘置きです。


このように使います。
100tok007bk_mx


組み立ても付属のネジを締めるだけで簡単です。


引っ掛ける部分の先が滑りやすく動きやすかったので自分で滑り止めを付けました。
バッチリです(`・ω・´)


これで肩の疲労も少しは減るかな?


 

サンワダイレクト リストレスト 肘置き台 ワンタッチ・デスク取付

 



にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

ASUS ゲーミングモニター 24インチ VG245HE-J

さて、ついに新しいモニターをセッティングしましたよー!

202009012328031

ジャーン!!
20200906-184816

ASUS ゲーミングモニター 24インチ VG245HE-Jです。
AMAZONタイムセールで14,934円でした。

やはり24インチということで今まで使ってきた19インチのモニターよりかなり大きいですね。

実際に測ってみたのですが、画面の対角線の長さが
・今までの19インチモニター 約48cm
・この新しい24インチモニター 約61.5cm
と13cm以上大きくなりました。

解像度も1440×900から1920×1080に。

画面領域がいきなり大きくなって持て余し気味ですよ(;^ω^)

しかし、配信時は今まで工夫してソフトを表示していましたが、これで色々とやりやすくなりそうです。

あと、ゲーミングモニターなので格ゲーも遅延をほとんど気にせずに遊べるかな。

TN液晶じゃないので角度に弱いかなとも思ったんですが、横や下からモニターを見ることはほぼないので全く問題なかったです。
よかったよかった。

【Amazon.co.jp限定】ASUS ゲーミングモニター 24インチ VG245HE-JフルHD 0.6ms 75Hz HDMI 2ポート FreeSyncブルーライト軽減 VESA対応

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

ゲーミングモニタ到着!

こないだのAMAZONタイムセールでゲーミングモニターを買ったんですよ。
それが届きました。

20200901-2328031

設置は今度の休みにやる予定。

今まで使ってきたモニターは19インチなので結構大きくなります。
2008年から使っているのでもう12年も使ってますね。

古いモニターはこれでお役御免・・・というわけではなく、デュアルモニターにする予定です。
まだまだサブモニターとして頑張ってもらいますよー。

追記:「ASUS ゲーミングモニター 24インチ VG245HE-J」を設置

にほんブログ村 ゲームブログへ<

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

初めてのペンタブ Parblo A640

3やら杯の賞状の絵を描くときに楽になるように、ついにペンタブを購入しました!


20200722-001022


20200722-001206


「Parblo A640」という製品で、中華製の安物です。
たまにしか使わないだろうし、私にはこれで十分でしょう。


試してみたんですが、私が昔から使ってるPixiaというお絵かきソフトではうまく対応してないみたいですね。


Windowsのペイントではうまく動きました(上手に描けたかは別問題)。


今度フリーソフトとして有名なGIMPを試してみたいと思います。


 

Parblo A640 ペンタブ バッテリー充電不要 8192レベル筆圧 4個エクスプレスキー 7.2" x 5.9" (ブラック)

 



にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧